コロナ禍で飲食店定義忘却した個店再起の初めの1歩

あらためて書く必要は無いのかもしれません・・
ですが改めて。

飲食店とは:独自の空間の中で、飲食の提供・接客を行う御店
4.jpg

コロナ禍で、この定義を忘れてしまった支援先も多いのが実情。

テイクアウトに力を入れる気持ちはわかります。
コロナの2波、3波への対応に気が向くのも、理解します。

ですが、飲食店の収益性等を考慮すると、
やはり、来店していただき、空間を含めた接客と食事を楽しんでいただく。

つまり、料理、空間、接客は三位一体で「顧客欲求」を「充足」できること。
ここを忘れてはなりません。

もし、もうデリバリーに業の明暗を掛ける!という意気込みなのでしたら、
ぜひ、惣菜業へと駒を進めることをお薦めします。


飲食業、惣菜業は根本的に異なります。

飲食業がテイクアウトすることを否定するわけではありませんが、
何度も書くように、それはあくまで「店内で今度は ゆっくり食事したいねー」という気持ちを顧客側に醸成させる販促の1つの手段でしかないのです。

もし この販促に力を入れるのであれば、
本丸の惣菜業へと駒を進めるべきです。

なぜなら、仕入れ、料理(調理)法、シズル等々、まったくノウハウが異なるからです。
異なるということは、付け焼刃でテイクアウトをしていても、本業の飲食より、更に儲からないからです。

このあたりは、どこか支援先事例を踏まえて、改めて後日、紹介してみたいと思います。

備考)惣菜業(テイクアウト含む)とは:飲食の提供と付随する接客を行う御店


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
アフターコロナに役立つ種々の情報をまとめたサイトを社団に用意しました。
⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

"コロナ禍で飲食店定義忘却した個店再起の初めの1歩"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: