好物長崎カステラ官能検査出張の気づき

あいにくの梅雨
ですが、長崎出張は大好きな場所の一つ。
それは 大好物のカステラ会社の支援だから。。笑
103832859_3042406449182296_353819820463195242_o.jpg

↓それから こいつも好き 笑
無題.png

そういえば支援先にほど近い、グラバー園に今回は寄ってきました。
この電話ボックスに なんだか魅かれ。
DSC_4412.JPG

梅雨の合間の
ほーんの一瞬の晴れ間にも恵まれ。

↓これは前回出張時の写真ですが、手振れヒドイ(汗)ですが、いつも この景観のホテルに泊めていただいてます。
DSC_4402.JPG

支援先には感謝です♪

さて、コロナ前の記事だったかな・・
各会社のカステラを並べ、自称カステラ好き30名の方に「官能検査」を実施した結果をお知らせしていませんでした。

無論、商品開発に関わることなので
話せないことが ほとんどなのですが、ここは支援先に了承も得て、1つ紹介したいと思うのです。
実は官能検査を行った結果、20種類のカステラの中で、「おいしい」と選択したものと、「あまり‥」といった反応のものと・・

この2つの分類差の理由を分析。

大きく4つのことがわかったのですが、そのうちの1つが、こちらです。
104218171_3042406515848956_5149733087886071180_o.jpg

この写真はセブンイレブンさんで販売されているものの裏面表示
原材料表示をみてください。
その上で、他の「いまいち・・美味しくない」「あまり・・美味しくない」との差異を見ていくと、
(あっ その商品を紹介すると失礼なので 表記しません)

甘味料の有無が明らかになったのです。

甘味料が入っているものが 「いまいち・・美味しくない」「あまり・・美味しくない」との反応
甘味料が入っていないものが 「美味しい」との反応

これで 私は腑に落ちました。
この現象、バウムクーヘンとバームクーヘンの違いに似ていますね⁉︎

その要素と言えば(定義と言えば)、
いくつかありますが
例えば原材料の視点だと
マーガリンではダメなのです笑
バターでなくては・・。

要するに、
事業者さんが、誰を相手に販売を伸ばしていきたいのか?
事業者さんが、何をこだわりたいのか?

ここ次第ということです。
今回のカステラの官能検査では、カステラ好きということでしたので
カステラ好きに売りたいのであれば、甘味料に頼ってはダメ。

ここは 概ねハッキリ言えるのでは無いでしょうか♪


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
アフターコロナに役立つ種々の情報をまとめたサイトを社団に用意しました。
⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

"好物長崎カステラ官能検査出張の気づき"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: