飲食店飽和と寡占化を数字でアプローチしてみる

ちょっと支援先との会話で必要でしたので 整理していましたら、面白い結果が見えたので紹介したいと思います。 これは、経済センサス・基礎調査から抽出し、食料モニター調査の外食頻度データを使い、加工整理したものです。 人口減少も影響し、国民全員の延べ外食回数は減少傾向にあることがわかります。 また、1事業所(つまり、1店舗あたり)で見ると、年に約12回(つまり1ケ月に1回)来店くら…

続きを読む

飲食店立地は住宅地区が1番有利の可能性

平成 29 年度生活衛生関係営業経営実態調査(厚生労働省) これに今回は注目してみます。 この中で例えば、 うどん店、蕎麦店の実態と経営上の問題点・課題が整理されている部分を見ていきます。 何か特定のメニューや業態を選んで、 この記事のタイトルを展開した方がわかりやすいですしね・・ 私が個人的に着眼しているのは(図 8) 立地条件別の施設当たり 1 日平均客数。 …

続きを読む

販路開拓で初心者でもわかる商圏分析の仕方(7)

今回はこれまでの情報を基に、実際商圏での売上見込みの算定をご案内します。 なお、前回までの記事は以下になります。 必要でしたらご覧ください。 1回目(クリック)2回目(クリック)3回目(クリック)4回目(クリック)5回目(クリック)6回目(クリック) 6.実際商圏の設定(実査による商圏の設定) と売上見込の算定  「4.売上を構成する要因の検討と設定」で紹介した要因を活用し、実…

続きを読む