費用対効果の高い販促の裏側①交絡因子:売上と認知の相関関係の背景

飲食店や食品加工業の事業者の商品 この認知度と売上をグラフ化すると概ね、以下のグラフになることが知られています。 多くの飲食店や食品加工業の商品で、関係性をグラフにすると、概ね、このような結果になることが多いです。 これは、種々のセミナーで私がお話しすることです(笑)↓ さて、この結果、単なる偶然(相関関係)なのでしょうか? それとも、事実(因果関係)なのでしょうか。 …

続きを読む

認知的不協和を活用した顧客満足度向上策

認知的不協和とは、人が購買後に覚える不快感を指します。 アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱しました。 人はこの不快感を解消するために、自身の態度や行動を変更するものである・・そのような提唱です。 例えば 大分県の別府市の『血の池地獄 温泉』 冬↓ 多くの観光客は、この冬の湯気が立ち込める状況をイメージして来光しますね。 しかしながら、夏で…

続きを読む

認知度と売上との関係性活かした販路開拓の進め方

飲食店や食品加工業の事業者の商品 この認知度と売上をグラフ化すると概ね、以下のグラフになることが知られています。 多くの飲食店や食品加工業の商品で、関係性をグラフにすると、概ね、このような結果になるものです。 さて、この結果、単なる偶然(相関関係)なのでしょうか? それとも、事実(因果関係)なのでしょうか。 相関関係であれば、ただ単に、売上が向上する局面の事業者において…

続きを読む