主成分分析による販路開拓の進め方(1)小規模事業者向け

まずは、細かい進め方や算定の仕方は後日に順に・・として。 どうやって調査し、分析するのか、そして、その活用方法について、全体像を以下に紹介します。 例えば、ある八百屋で次の様な調査を行ったとします。 ・調査について 年間で、最も来店している60歳台以上の方の嗜好と傾向を「より身近に」するため、60歳台以上の方10名と、比較対象としての20歳台以下10名を、無差別に選択(男女関係なく)…

続きを読む

主成分分析を活用した明瞭なターゲティングの仕方(1)

2つブログをしているのですが なかなか、ブログに手が回らない・・ がんばらないと!(笑)ですね。 さて、このタイトル。 そう、私がターゲティングを支援するときに行う手段の1つである「主成分分析」について、 新たにシリーズとして立ち上げてみようかと思います。 第1回は、主成分分析のイメージと活用方法について以下に紹介します。 その上で、次回以降、具体的な進め方について書い…

続きを読む

費用対効果の高い販促の裏側①交絡因子:売上と認知の相関関係の背景

飲食店や食品加工業の事業者の商品 この認知度と売上をグラフ化すると概ね、以下のグラフになることが知られています。 多くの飲食店や食品加工業の商品で、関係性をグラフにすると、概ね、このような結果になることが多いです。 これは、種々のセミナーで私がお話しすることです(笑)↓ さて、この結果、単なる偶然(相関関係)なのでしょうか? それとも、事実(因果関係)なのでしょうか。 …

続きを読む