小規模店が繁盛する品揃えのコツを紹介

飲食、農業、食品/菓子製造業の売上獲得支援をしている
中小企業診断士の久保です。
今日もご縁をいただき、訪問いただきうれしいです。
ありがとうございます。

==
支援の中で、上手く事が運ぶと嬉しいものです。
そして、その手法を他店でも共有することで、再び成功の連鎖が、私の支援に厚みを増してきます。

今回は、近年の「繁盛するお店」の品揃えについて、紹介します。

ポイントを先に紹介します。
「可能な限り、ラインもアイテムも絞ること」です。
例えば、先日紹介したばかりの、「マフィン専門店」、過去にも紹介した「どら焼き専門店」も、ラインとアイテムを絞った極端な例でしょう。
2.jpg
また、「ちすいかふう」というハチミツ屋さんがいますが、
この方も、たった1種のハチミツ1万円超えを、お客様におススメする理由として明確にし、
商売を拡大出来ている事例です。
https://www.instagram.com/shinrabanshou_honey/

1.jpg


最初に抑えなければならないのは、ECサイトのアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなモールには鼻から叶わないということ。
無論、リアルにおいても同じで、量販店の食品スーパーをはじめ、ベビー用品店、和菓子店にも叶わないということです。

何が叶わないかというと、代表例を紹介すると下表でしょう。
・仕入れ予算が、大手と比べると少ないので、品揃えを増やすにも限界がある
・価格優位性も、大手に比べ規模の経済が働かないので、期待できない
・・・・・etc

挙げればキリがないでしょう。

そこで、おススメしたいものが、その真逆の戦略であり戦術です。

簡潔に書きますと、極端、以下くらいに絞れ!ということです。

洋菓子店:3~5種 10点まで
和菓子店:3~5種 10点まで
小物雑貨店:台所用品なのか、選択用品なのか、お風呂用品なのか、服飾関係なのかまで絞る
食料品店:お米が得意なのか、スナック菓子が得意なのか、日配生鮮品が得意なのかまで絞る
・・・・・etc

品揃えのコツは、
自分自身やスタッフや身内が実際に使用したり、食し、
本当におススメするものだけに絞るというような 取組が必須
です。

例えば、私は納豆が大好きですが、
その中でも、津久井在来大豆の納豆の味が忘れられません・・

つまり、お客様のために、品揃えした方が良いだろう・・
そのような発想での安易な品揃えは、お店の個性を損ないます。

何度も過去に紹介したように、小規模店は、店主個性=お店の個性です。

従って、自分が納得したもの1つに特化すべきなのです。
私が仮に食料品店をする場合、納豆売場は、この津久井在来大豆の納豆1本にするでしょう。

極端、そういうことです。
自分が納得したものであれば、お客様におススメする理由は、腹の底、心の底から
溢れ出るものです。

また、POPも容易に充実させることができるでしょう。

==
以上のように、
小規模店がお客様に選ばれる(前回の記事では、存在意義がある店)ためには、

お店の個性を磨く、表現する必要があり、
その個性を磨くことが、品揃えを絞ることであり、
表現することは、接客でのおススメポイントの会話であり、POPだったりします。

「あの店は、****がおススメだよ!」
このように口こまれる店創りに取り組んでいきたいもの
ですね。


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。
★KUBO中小企業診断士事務所のwebサイトはこちら(⇨クリック

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント