売れない商品・集客出来ない店の根本理由

飲食、農業、食品/菓子製造業の売上獲得支援をしている
中小企業診断士の久保です。
今日もご縁をいただき、訪問いただきうれしいです。
ありがとうございます。

==
今日は、初めて支援に入る際に、ほぼ必ず耳にする事業者さんのボヤキについてです。

・なんで、こんなに良い商品なのに、売れないのだろう・
・販促や集客活動も、細やかに実施しているにに、売れない・・
・なんで、うちのお店、コロナ前は繁盛していたのに、今、客足戻らないのだろう・・

他にも、類似のボヤキというか悩みをお持ちの個人や小規模事業者の方も多いはず。

そのような方、すべてに共通した根本的な問題点、
これを認識してほしいと思います。

この問題点を認識しないと、すべての改善策が始まらないからです。

さて、その問題点とは・・
回答:その商品(サービス)やお店が、「地域、社会、ターゲット顧客層等々」に対して 存在意義が無いから・・です

存在意義が無い商品だから、売れないのです。
存在意義が無いお店だから、客が来ないのです。

ですから、
根本的な改善を図りたいのであれば、
まずは自店や自社の商品の存在意義とは 何なのか?

そこを真剣に問いかけることから始めると良いでしょう。

自著の「応援客の獲得概念」が参考になるでしょう。
関心がありましたら、ぜひ、お手元に。
(宣伝みたいになってしまいました・・(-_-;))

日本版(↓)
久保正英.jpg

中国版(↓)
久保正英2.jpg

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。
★KUBO中小企業診断士事務所のwebサイトはこちら(⇨クリック

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント