形態素解析概念で飲食店が販路開拓インサイト発見する方法

飲食、食品/菓子製造業の売上獲得や
伴う種々の体制整備を御手伝いしている中小企業診断士の久保です。
今日も、御覧いただきうれしいです。
ありがとうございます。

==
今日は、テキストマイニングのうち、形態素解析を使って、
商品開発ネタや販路開拓の販促企画のネタを立案する考え方の入口について説明したいと思います。

話を単純に、わかりやすくするために、以下の設定で進めてみましょう。
「カフェの店員が、日々御客様の声を観察しているとします」
2.jpg

そんな中で、1ケ月も観察し、都度メモを取っていくと、数百もの文章があることでしょう。
実際、支援先でも、そのくらいにはなります。

ただ、話をわかりやすくするために、全部で以下の5つのメッセージであったとします。

① 酸味が苦手なので、ここの珈琲は酸味が控えめで好きです。

② ここの珈琲はマイルドで、飲み口が柔らかく美味しいです。

③ 酸味が控えめで、マイルドな口当たりが、好みです。

④ スイーツの甘さが控えめなところが、うれしいです。

⑤ スイーツと珈琲の相性が好きです。

形態素解析というのは、厳密に説明すると以下とは異なるのですが、
今回は、個人や小規模店が実務で捉えれるように、概念で説明することとします。
その場合・・
以下のように/(スラッシュ)などで、文節を区切っていくことを進めます。

① 酸味/が/苦手/なので/、/ここ/の/珈琲/は/酸味/が/控えめ/で/好き/です/。

② ここ/の/珈琲/は/マイルド/で/、/飲み口/が/柔らかく/美味しい/です/。

③ 酸味/が/控えめ/で/、/マイルド/な/口当たり/が/、/好み/です/。

④ スイーツ/の/甘さ/が/控えめ/な/ところ/が/、/うれしい/です/。

⑤ スイーツ/と/珈琲/の/相性/が/好き/です/。

この解析のアプローチでは、
この1つ1つの文言を。、再頻出順に並べていくのです。
(句読点等は除きます)

珈琲 3回
酸味 3回
スイーツ 2回
マイルド 2回
・・・・etc

以上のような感じです。

実際、支援先では、
以下のような結果になりました。
上位、5つだけ紹介します。

珈琲 245回
マイルド 189回
酸味  148回
苦手 146回
スイーツ 129回

この結果の詳細の分析の仕方は、ここでは控えておいて、
仮に、スタッフ全員で、一定期間、顧客の声をヒアリング(観察)していると、次のように分析できるはずです。
(所感を確認するスタッフミーティング等が有効です)

「珈琲はマイルドの方が好感がある」
「酸味がある珈琲は苦手な方が多い」
「スイーツに関心が高い」

このように、顧客の声を再頻出ワードを並べ、来店客層の真相を言葉から捉えようとするアプローチ・・
意外と「はっ!」とする気づきを得られたりするものです。

御客様の声をメモする、耳を傾ける
このように活用できることも、頭に置いておくと良いですよ!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。
★KUBO中小企業診断士事務所のwebサイトはこちら(⇨クリック

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント