商品開発の最終局面の落とし穴「多数決」で失敗しない方法

飲食・食品製造業の売上獲得支援をしている久保正英です。
本日も数あるブログの中から、御縁をいただき、嬉しく思います。
ありがとうございます。
=======
今回も、支援先で多々ある場面の話から。
食品製造業の場合、マーケティングや商品開発を司る部門の会議に出ると・・
「では、多数決を取ります・・」
そのように、上市する商品を決定していく場面に多々、遭遇します。

飲食チェーンにおいても、メニュー開発の現場の最終局面で必ずと言っても語弊が無いほど、
「では、多数決を取ります・・」

ただ、ここで留意していただきたいのは、
その多数決で商品やメニューを決める工程は適切ですか?

事例を交えて紹介していきますね。

今、試作①、試作②、試作③の3つが最終選考まで残っているとします。
そんな中、最終的に市場に出す予算が持てるのは1つだったとしましょう。

仮に、商品開発部には、7人のスタッフが居て、
このメンバーに商品化したい順位を1から3位で「こっそり」順序付けさせてみたのが下記の表になったとします。
多数決久保.jpg

このような背景があるにも関わらず、仮に多数決で、度の試作品を市場に出すかを聞くと、
結果的に、下記の黄色の部分のようになり、試作①を市場に送り出すと決定してしまうことでしょう。
多数決久保②.jpg

試作①は、6人中3人が1番に商品化したいと思っているのですから、多数決で、どれかに手を挙げて?とすれば
結果は仕方ないことです。

しかしながら、ここで重要なのは、試作②と試作③は実際のところ、どうなのか?ということです。
それを考えるには、択一で質問していくことが重要になります。

「試作①と試作②のいずれを商品化した方が良いと思いますか?」
この場合、「こっそり」回答で判断すると、以下の黄色の部分のようになり、
試作②とすべきということになります。
多数決久保③.jpg

つまり、試作②の方が試作①より順位が高い回答が4人いて、試作①の3人より多いからですね・・

また、「試作①と試作③のいずれを商品化した方が良いと思いますか?」の場合
「こっそり」回答で判断すると、以下の黄色の部分のようになり、
試作③とすべきということになります。
多数決久保④.jpg

つまり、試作③の方が試作①より順位が高い回答が4人いて、試作①の3人より多いからですね・・

いかがですか?
このように、仮に試作①がそのまま商品化で進む場合、
試作①より試作②、試作①より試作③の方が多勢であるにも関わらず

その意見は無視されることになります。

商品開発やメニュー開発の最終局面では、
このような視点に留意し、適切な選択が成されるように進めなければ、

仮に上市したものが売れない場合、
「ほれ、見たことか・・」という悪い空気が社内に充満するものです。

慎重に選択していきたいものですね。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント