自著日本版と中国版から応援客の重要性と理解の相違を俯瞰

飲食、食品製造業の売上獲得コンサルタント「久保正英」です。
多くのブログの中から、ご縁をいただき、ご覧いただいている皆様。
心より感謝します。ありがとうございます。

さて、今日は何気に気付いたことを紹介します。
昨年、自著の中国版が発刊されています。
Google画像検索で「東方出版社 久保正英」と検索いただくと購入できる中国書店等のwebサイトが御覧いただけます。
久保正英 中国出版.jpg

日本版は?と言うとこちらになります。
久保正英 同文館出版.jpg

自著に対する日本での評価の内容と
中国における評価の内容と比べていたところ、いくつかの論点に気付いたのです。

それは以下になります。

・応援客の認識の相違
 日本では応援客という概念を、経営を向上させる「良きパートナー」だと認識に対して、中国では「良きファン」だと認識している点。

著者としての所感は、以下になります。

『大企業の飲食チェーンや食品製造業であれば、予算が豊富等の理由で、ブランディングが機能し、ファン層獲得といった概念が成立すると判断しますが、小規模事業者の場合、ブランディングというほどのものではなく、単なる「良いイメージ」醸成程度が実情でしょう。従って、この本は小規模事業者向けに書いたものですので、良きファンを囲い込むという概念では無いということです。』

『小規模事業者の場合、来店してくれる御客様の中で、私の提唱する応援客が多ければ多いほど、経営が向上、または安定していることが多い。これは自著で紹介した1次データでも紹介しています。』

『応援客は、決してブランディングが上手な御店や事業者に存在するものでは無く、あくまで経営が苦手なのだけど、頑張っている御店に存在しうるものであるということ、ここがポイントです』

『その応援客を獲得するステップを7つの段階で紹介したものが自著ですので、良きファン層を囲い込むステップでは無いことに留意してください』

これは、応援と言う言葉が、中国では支援と言う言葉に表現が変わっているなど、
種々の言葉の変換にて、そのように表現されてしまったのだろう・・

そのように思います。

いずれにしても、
比べて読むと、面白い・・
これが、いや、これも本音です(笑


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント