市場規模推移と店舗数から「あるべき獲得売上高」を知れます

これも飲食店の支援の場で、
頻繁に登場する質問の1つです。
それは・・
「うちの店は、どのくらいの売上があれば良いのでしょうか?」

ある意味、良い質問だと思います。
過去に、飲食店については、記事にしたことがありますので、
私の支援先も意識しつつ、美容室について、今回は展開してみようと思います。

どの業界も同じですが、コツは2つの2次データを確認すること。

1つ目:業界の市場規模推移を確認する

例えば、美容業界では以下のようになります。
出所は矢野経済研究所さんです。
このグラフの中に美容室が含まれていますね。
久保正英.jpg

2つ目:業界のプレイヤーの数の進捗を確認する

例えば美容室は以下のようになります。
出所は厚生労働省になります。
単位は軒数(件数)です。
久保正英2.jpg

==
要するに、市場規模額÷店舗数(件数・軒数)で、
店当たり、軒あたり売上を確認することができます。

美容室の場合、
1,504,700百万円÷251,140軒数≒5.9百万円

つまり、美容室を営んでいる方は、約6百万円の年商があれば、平均並みということです。

これを上回っていると、売上良好。
そのように判断もできるでしょう。

なお、この数字を扱う際に留意しなければならないのは、調査主体や出所が異なることです。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント