Go to集客は基本に立ち返りクロスセルとロゴ記号化

新型コロナウイルスの拡大が心配ですね。
札幌市や大阪市では、GO to対象外など・・

余談を許しません。

しかしながら、まだ対象の地域においては、
せっかくの経済対策です。

万全の感染症対策を図った上で、しっかりと集客しておきたいところ。

そんな中で支援先で気づいたことを1つ紹介します。

==以下==
種々、Go to キャンペーン展開の中、
飲食店や小売店での「自店利用」を増やす取り組みを支援してきましたが、
1番効果が高い「売り方」が明確になってきましたので、紹介します。

逆を言えば、この内容を未実施で、集客苦戦している実情があったということです。
それは数年前に紹介した「販売単価向上策」(下図)のうち、クロスセルという方法になります♪
久保正英販促2.jpg


例えば、このようなものです。
久保正英(販促).jpg


ポイントは、主に以下です。

・Go to商品券1枚あたりの額面の区切り合わせ

・記号化としてGO toロゴのPOPデザイン必須



以上、まだGo to苦戦の飲食店や小売店の皆さん。
即実行あるのみですね♪

飲食店の場合なら、メニューで1000円区切りのメニューを用意するなど・・を指しますので・・
省略しますね。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年・2020年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント