飲食店主力メニュー内製化は農家6次化と相違し競争力向上

さて、顧問先からメールであった問合わせについて説明してみます。
以前、飲食店は内製化すべきだと、記事にしました。
そのお店の事例として鹿角市の事業者(蕎麦屋)をあげていましたね♪
soba.jpg

以前の記事は⇒こちらクリック

一方、農業者は、いわゆる6次化(商品開発等)は、競争力を持てないため、
栽培した野菜をそのまま出荷する「脱6次産業化」をオススメする記事も紹介していました。
6次産業図示(久保正英).jpg

⇒以前の記事は⇒こちらクリック

さて、質問というのは、
飲食店が、原材料である農作物を栽培すると、結局、上グラフの左側のグラフになり、儲からないのではないですか?

このような主旨です。
回答としては、

蕎麦屋を事例として説明すれば、
本気で蕎麦を栽培すると、上グラフのようになり、確かに儲からないでしょう・・

しかしながら、上記の蕎麦屋の場合、
十割蕎麦は全メニューの一部であり、蕎麦の栽培は片手間で取組むことが可能です。
(集客のための 目玉メニューでもある)

ですから、
飲食店経営で掛かるコストの範囲で、栽培が可能であり、
実質、栽培コストはゼロに等しくなるもの
です。

そのからくりは、
以前紹介した、原単価法です。

例えば 上記蕎麦屋経営で、年間365万円のコストを見込んだ場合、1日あたり1万円で経営をすることになります。
その1万円の範囲で、栽培が出来ているのであれば、
栽培コストは実質ゼロという考えです。


よって、
飲食店が売りのメニュー等において使用する農作物を、
少々自家栽培し、使用することは、

外部から購入する金額分を削減することにつながり、

その商品(メニュー)等の収益性を向上させることになる
のです。

そう、価格競争力が創出できるということになります♪

とはいえ、値下げしろという話ではありません。
主力メニューが収益性が高まるため、競争力を持つ!
そのようや意味です。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら




この記事へのコメント