小規模飲食店が獲得すべき見込売上算出方法

今回は、小規模飲食店の皆さんでも見込売上を算出できるよう、かみ砕いて説明したいと思います。

そもそも日本人全体は、どのくらい外食しているのでしょうか?
そもそも飲食店は、国内にどのくらい存在するのでしょうか?

実は、このような質問も、支援に入った初期段階で多いです。
そこで、このあたりの回答を種々の2次データを使い整理してみました。

それが下表になります。
久保正英1.jpg

御覧いただくとわかると思いますが、平成26年では、728,027店舗存在するようです。

一方、種々の2次データでは、1人あたりの外食頻度は、週あたり・・
20歳台で3.3回
30歳台で2.6回
40歳台で2.7回
60歳以上で1.4回

このような感じです。

これを人口比で加重平均し、人口全体で換算すると、8,605,480,000回延べ外食していることになりますので、
概算で1飲食店あたり、11820回延べで御来店いただく状況が平均程度と言えそうです。

よって、客単価1000円と仮に仮定すると、11,820千円稼げる計算になるわけです。

ご自身の御店が獲得すべき金額を更に細かく計算していくには・・
以前紹介したように、商圏を設定した上で、商圏内のターゲット層(全年齢、高齢者層・・など)の人数を把握することが最初にすべきことです。

その上で、延べ来店回数を上記と同様の発想で積算し、
そこに、現在の平均客単価等を掛け算してあげれば、想定の見込売上が見通せるわけですね。

そんなに難しいことではありません。
ぜひ、ご自身の想定見込売上を積算してみましょう。

その上で、現状との差異を把握することで、
あと、どのくらいの来店数、単価アップが必要・・・といったアイデアが沸いてくるわけです。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント