認知的不協和論マーケティング展開にSDGsを活用する方法

タイトルで、多くの方が 何だそれは?

そのように思われたのではないでしょうか。

今回は例えを使い、その理由を説明していきます。

まずはSDGsを頭に思いうかべてくださいね。

背景は 17の目標のうち「6」になります♪
今回の論点は 水ストレスという指標です。

国内の水ストレスの図表を見てみましょう
無題.jpg
(出所 https://local-sdgs.info/


この算出の仕方は、

水使用量(農業用水、工業用水、生活用水の合計値 ÷ 都道府県別の水質源賦存量 

なお、水資源賦存量とは、「降水量から蒸発散によって失われる水量を引いたものに面積を乗じた値」

難しいですよね・・(-_-;)笑

要するに、都道府県別の水資源の豊富さを表した数字です。
青い都道府県が、乏しく、薄い都道府県が豊富なのです。

これで見ていきますと、大阪府は144%となっており、
大阪府内の水資源量で、生活用水や工業用水を充足できていないということです。

つまり、他県の水資源に依存しているのです。

一方、最も優秀な県は、高知県です。
算出結果は4%ですので、県内で水資源を充足できていることになります。

イメージいただくとわかると思いますが、
食品や飲料を製造する事業は、たくさん水を使います。

ですから、環境配慮、自然への敬愛、
社会貢献といった視点で、新たに食品工場を作ったり、

起業して製造する地は・・

極端、大阪府はダメで、高知県が望ましいということです。

無論、販売の極大化の視点においては

なかなか消費者の理解は難しいですが、

認知的不協和の理論においては、とても重要な論点なのです。

例えば、今のんでいるジュースが、
水資源が豊富なところで 採取して製造しているんだ(笑)・・という情報は、

「私は、これを愛用しているのは 正解なんだ!」という納得感を消費者に醸成することに寄与するからです♪

仮に大阪府で・・なら
採取ではなく、搾取と言う言葉が適切でしょうね(-_-;)


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント