地域商品券事業で他店より抜きんでる方法について

今日は秋田入りなのですが、
午前中は、逗子へ。

そこで 出逢った話が 逗子市プレミアム商品券事業の設計の話♪
IMG_1305.jpg

さて、私が訪れずれる地域には、なぜか地域商品券事業実施中も多く、
気になっていたのです・・・

なぜだろう?
ただ 同等の金額で、その地域商品券と交換できるか・・
あるいは、例えば1100円分の商品券を1000円の現ナマと交換できるか・・

この程度。

ですから、商品券事業の事務局は、せっかく刷った商品券が余りそう・・(-_-;)だったり
商品券事業に参加店なのに、普通のお金と変わらない扱いなので、新規客獲得や既存顧客のリピート向上に繋がらなかったり・・

そんな悩みが多いようですね。

そこで、オススメしたいのが、
御店独自でプレミアムを用意するということです!

事例を紹介するとわかりやすいでしょうから、
アイデアベースですが、いくつか。

・食品スーパー等なら
 店売りでワカメ100gを現金だと1000円のところを、商品券だと110g入りになっている。
 ⇒商品券利用で買い物の優越感を演出

・自転車屋なら
 商品券で自転車を御買上げの方に限り、パンク修理2回無料
 ⇒購買意欲の喚起:現金と商品券でも同額の自転車ですが、商品券ならパンク修理が付いてくるので「より購買意欲」が増す

・市町村外から新規客獲得したいなら
 立地市町村外から来店し、商品券利用の方にのみ特典
 ⇒商圏の拡大に寄与

いかがですか!
アイデアは無数のはずです。

つまり、商品券だけのプレミアム感を演出すれば良いのです。

アイデアを検討するポイントは、
1.商品券を活用し、どのような売上獲得効果を期待するかを決めること
 ⇒新規客を獲得したいのか、既存顧客に再来店してほしいのか、商圏を拡げたいのか・・etc

2.1で決めた効果につながりそうなアイデアを検討していく
 ⇒ポイントは、お得感だったりしますので、必ず「そもそも値段がついているもの」をサービスインするようにします。
  例えば、ワカメ10gは通常1000円÷100gですね、自転車のパンク修理も例えば300円といったように決めていることでしょう。
  つまり、値段がついたものをサービスインしないと、消費者には優越感が生まれない・・ということです。

なお、サービスに値付けがされていないものを、サービスインしたい個店もあることでしょう。
その場合は、以前記事で紹介したサービス価格の値付けの仕方・・つまり原単価を設定していただき、

その労力や、実際に掛かる費用(お代として頂戴しなければならない最低限の値段)を、PRのメッセージに訴求することがポイントです。

参考記事⇒こちらをクリック


==皆さんの地域==
商品券事業ありますか?

ぜひ、わざわざ来店を誘発するよう、その商品券事業をフル活用するようにしてみてくださいね!


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

 

この記事へのコメント