F1種野菜の売れ残り原因は正規分布で説明可能

個人や小規模事業者の皆さんで、
野菜や果物を扱われている食料品店や、食品スーパーの方々向けに書いています。
どうですか?
御野菜や果物・・
売れ残ることは無いですか?
それも、特定のものが多い・・とか?

その理由は、
来店される御客様が、賢い方が多いこと!
これが理由かもしれませんよ。

実は、青果売場で売れ行きが芳しくない御野菜や果物には「1つの大きな品揃えの特徴」があるものです。
それは、「重量のバラツキ具合」です。
話をわかりやすくするために、青果はカボチャと仮定し、A店とB店で比べたことにしましょう。

まずはグラフを見てもらいます。
A店:カボチャ売れ残りが少ないと感じている「重量と個数」の分布
A店 久保.jpg


次に
B店:カボチャ売れ残りが多いと感じている「重量と個数」の分布

B店 久保.jpg

この違いがわかりますか?
つまり、A店のカボチャは、品揃えしている重量のバラツキが少なく、一定の重さの範囲に集中しています(上段グラフ)。

一方、B店は、
品揃えしている重量のバラツキが多く、手に持つたび、重さの違いが御客様にも伝わるくらい差があります(下段グラフ)。

この2つのグラフを重ねてみます。
合体 久保.jpg

重ねるとわかりやすいですね。
B店の方(緑の線グラフ)の山が低く、裾野が広いです。
つまり、一定の重さの範囲に品揃えが集中しておらず、バラツキが多いのです。

さて先ほど、来店される御客様が、賢い方が多いこと!
このように説明しました。

つまり、御客様の購買行動はA店、B店では、このように差が出ます。

A店:カボチャ売れ残りが少ないと感じている「重量と個数」の分布
A店 説明 久保.jpg

つまり、カボチャの重量のバラツキが少ないことを日常の買物で知っているので、特段、選り好みせず、購入してくれている。

B店:カボチャ売れ残りが多いと感じている「重量と個数」の分布
B店 説明 久保.jpg

つまり、カボチャの重量のバラツキが多いことを日常の買物で知っているので、重量を手で持ち実感して感覚で測定し、
重たいものから順に売れていく。軽いものが売れ残る。

御理解いただけましたか?
いわゆるF1種の野菜は、重量の均等がカギですので、バラツキが少ない品揃えの方が、売れ残らないものなのです。

そのあたりを理解して、仕入れを進めなければなりません。

一方、固定種の野菜を取り扱う専門店や自然食品の野菜の場合は見解が異なります。

改めて、説明させていただきますね♪


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント