1秒程度で集客繋がる看板作り手順と考え方の基本(飲食店等向け)

①屋外看板(広告)の役割
屋外看板(広告)には、「のぼり旗」「野立て看板」「袖看板」等があります。その役割は通行者や通行車への「気づき」と「刷り込み」です。そこを通る人に看板を見て内容を知ってもらい(=気づき)、通学路や通勤経路など繰り返し通る人に何度も見て記憶してもらう(=刷り込み)です。結果、お店や事業所の「認知」と「記憶」の効果を上げることになります。

②許可や届け出が必要か否か
屋外に看板などの広告物を設置するには、原則として条例に基づく許可を受ける必要があります。また、広告物等には屋外広告物管理者を設置しなければいけません。しかしながら、看板の種類と大きさによっては許可が不要なものもあります。許可が必要になるか
否かは、設置する場所が「商業地域」か「住宅地」か等々の条件によっても変わってきます。許可申請が必要な看板はどのようなものか、神奈川県を例にとって紹介します。

商業地域や工業地域などは、看板設置許可地域になっています。自己の氏名や営業の内容等を自己の住居・事業所・営業所等に表示又は設置するものは、看板面積が 10 平方メートルまでは適用御除外になります。商業地域や工業地域以外は、禁止地域または広告景観形成地区になりますが、自己の氏名や営業の内容等を自己の住居・事業所・営業所等に表示又は設置するものは、5 平方メートルまで、適用除外になります。

つまり、看板の面積が許可地域では、10 平方メートル以下、禁止または広告景観形成地区の場合は 5 平方メートル以下であれば、届け出が不要ということです。

他にも、皆さんの事業所の立地する場所や看板設置の場所によって、種々の届け出が必要になることがありますので、詳しくは神奈川県の下記 URL を参照してください。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/x2n/cnt/f692/p971749.html#Q2

③屋外看板(広告)内容の検討のポイント
屋外看板(広告)の検討のポイントは、「見せ方」と「情報量」です。見せ方とは、どこから見えるか、どのように見えるか、です。情報量は見ている方にとっての「適量」の検討となります。

⇒車の運転手から屋外看板(広告)はどのくらい見えているのか

車は常に移動しており、運転手の視界は速度に応じて狭くなっていきます。歩行者のように立ち止まって看板を見るということもできません。従って瞬時に目に入ってくる広告が必要になります。以下は車が 1 秒間に進む距離をまとめた表です。
久保正英看板PR.jpg


例えば、自店が出稿した屋外看板が、百メートル手前からだと別の建物の影に隠れ、見えないと設定しましょう。その上で、車が 50 メートル手前から、看板が見えるようになる場合、時速 60 キロなら、看板が見え始めてから看板を通り過ぎるまで 2.99 秒です。もし、時速 80 キロなら 2.25 秒しかないことになります。これは移動時間であって、看板に目を止める時間ではありません。この限られた時間の中で天候や道路の状況、運転者のスキルに応じて、周辺の看板などの情報を見る時間はさらに短くなっていきます。

⇒屋外看板に最適な文字の大きさとは
先ほどの例のように 50 メートル手前からだと看板が見えるのであれば、文字の大きさを200cm 以上にしておくと、看板が見え始めたと同時に文字も読まれる可能性が高くなります。このように距離に応じた文字の大きさの目安が分かると、設置する看板に最適な文字の大きさが見えてくるものです。以下は公共機関や交通機関などで目安とされる距離に応じた文字の大きさを表した表です。
久保正英看板PR2.jpg

屋外広告の場合、上記の文字の大きさは最低限として、実際は 1.5 倍~2 倍程度の大きさで作製すると安心して読めます。

⇒車の速度が速くなるたびに狭くなる視野角
車の速度が増すと運転者の視野は狭くなります。時速 40km では、運転手は 100 度の範囲の視野がありますが、時速 130km では視野は 30 度の範囲となり、極端に認識できる周辺視野が狭くなります。
久保正英看板PR3.jpg

ロードサインなどの屋外看板やのぼり旗は道路脇に設置されることが多いです。スピードに応じて看板が運転手の視野に入ってくる距離が変わってきます。速度の速い道路ほど、「より遠くから」、「より大きく」表示させることが視認性を高めることにつながります。

⇒歩行者にとって良い看板(広告)とは
以上のことからわかるように、少なくとも、通行車に視認性が良く、情報量が適切であれば、歩行者にとっても、良い看板であると言えます。

④結局のところ最善の屋外看板(広告)とは
結局のところ、車の運転手が看板を確認するにしても、通行人が瞬間に確認するにしても、「1 秒」で理解できる内容と情報量が理想です。ロケーションや看板のサイズにより看板を見てもらう時間は異なりますが、表示内容を「1 秒」で伝わる広告にしておけば、ある程度どんな場面でも表示内容を認識してもらえると言われています。なぜならば、人の目線は一箇所にとどまらずに、常に動いています。その際に「0.3 秒で 15 文字程度を認識できる」と多くの調査結果で明らかだからです。つまり「パッ」と見て目に飛び込んでくる情報を瞬時に認識することができるような広告を心掛けるべきです。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント