集客最大化は到達可能性出し尽くし必要

支援先で良く聞かれることを、記事にしてみます。
「顧客を増やす種々の販促を考える際、どのような視点で検討しなければなりませんか?」

回答として1つには 以前書いた下記の記事を参考にしていただきたいところです。
そう、普遍的顧客心理の理解です。→クリックこちら

そして 今回紹介するのは次の論点です。

顧客が拡がる販促の背景と拡がらない背景
これを考えることです。

考え方は、具体的に言うと「到達可能性」を踏まえた「獲得したい顧客との接点」を検討することです。
これを見誤ると、顧客数は、どんどん縮小のスパイラルに入るわけです(-_-;)

例えば下記の内容を一緒にイメージしてみてください。
1 森林保全活動をする団体が、森で目の前のお客様に『森林保全が大切です!』と言う場面
2 森林保全活動をする団体が、都内の目の前に居るお客様に『森林保全活動が大切です!』と言う場面

1 の場合、森林にわざわざ来ている段階で、森林保全が大切ですって・・ナンセンスです・・
なぜなら、わざわざ来ているわけですから、何かしら既に気づきがあっての体験でしょう。
(飲食店なら来店です)

一方、2のアプローチなら、関心が無い方が、あるいは関心を持ち始めた方々を対象に加えることができます。

何が言いたいか!なんですが・・
森林保全を大切に思っている人に森林保全!
健康を気にしている方に健康!
それでは新規の御客様を囲い込めないということです。

飲食店に置き換えてみましょう。
あなたの御店に来店する新規の方を増やしたければ、御店で吠えててもダメなのです。
来店してほしい方々が属するコミュニティーや場等々を探すことが最重要です。

例えば 3~10歳の子連れのファミリー層を獲得したいとしましょう。
この場合、ファミリー層に接せる場を 本気で掘り起こしていかなければなりません。
例えば、支援先では次のように 出し尽くしました。
久保正英.jpg


これは、市場細分化要件のうち「到達可能性」を検討する手順そのものです。
これで理解いただける通り、これが出来て初めて「リーチ」できる販促案を検討することができるのです。

例えば、同じポスター掲示でも、
公民館で掲示できる内容や表現と、遊園地で掲示できる内容と表現には 差異があって当然です。

それは、掲示させてくれる側のルール等もありますが、
来店されている顧客の心理や、傾向、動機等々も様々だからですね♪

うちの支援先では、販促案を検討する際、まずは「この図を出し尽くす」ことから、始めるようにしています。
皆さんの御店でも参考になれば・・。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
アフターコロナに役立つ種々の情報をまとめたサイトを社団に用意しました。
⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント