ブランドや店の価値から価格設定する方法(販売生産性アプローチ)

販売生産性という指標をご存知ですよねー
これは、売場1平方メートルあたりの販売高を指しています。

すなわち、この数値が高まるほど売場の稼ぐ力が大きくなる。
そのような解釈で問題ありません。

飲食店であれ、食品スーパーであれ
この指標は様々な場面で活用できますので、
ぜひ、自店の値を計算しておくことをおススメします.


さて、この数値で、価格設定が出来ることを御存知ですか?
例えば支援先で、以下のような状況の飲食店があります。

売場面積:34㎡
月商平均売上:約320万円
販売生産性:320万円÷34㎡=94,117(円/㎡)

この飲食店で例えば 底辺が5㎝×5㎝の四角の瓶に詰めて、サラダで人気のドレッシングを委託して製造し、販売するとしましょう。
無題.jpg

その場合、価格をいくらにするかを考えてみてください。
その際、販売生産性を活用してみましょう。

順を追って、説明しますね。

1、この販売しようとしているドレッシングの瓶の底辺は5㎝×5㎝ですので、底面積は25㎠になります。
2、このお店の販売生産性は94,117(円/㎡)なので、1㎡あたり94,117円の稼ぐ力があります。
3、このお店は1㎡あたり94,117円の売上を稼ぐに値する「価値」があるお店であると、お客様が(結果的に・・)認識している と解釈しましょう。
4、では、販売しようとしているドレッシングの底面積は25㎠ですので、25㎠あたりの販売生産性を求めると、23,529(円/㎡)
5、つまり、このドレッシングは25㎠の売場を使って販売する以上、月あたり23,529円を稼いでもらわなければならない商品であることになります

言い換えますと、月あたり23,529円の価値がある商品だと言えますね♪

ブランドという何だか空想めいた(笑)言葉で、
このお店はブランドがあるから少々値付けが高くても大丈夫ってな、指導をする先生方がいらっしゃいますが、
その値付けの思考は、はなはだ適当・・です。

今回ご紹介したような販売生産性を使用すれば、売る力(売れる力)=価値 と捉えることも可能ですので、
ブランドを表現する価格設定にもつながるというもの
です。

さて、
大事なことを書いていません。。

このドレッシング1瓶23,529円は現実的な価格設定ではありませんね。

その際は、販売数量を加味して価格を設定します。
例えば、10本売るなら1瓶は約2350円です。

無論、
原価等、他にも考えることがあるますので、お忘れなく。

農業者の方は、売場面積は耕作面積になりますので・・。


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
アフターコロナに役立つ種々の情報をまとめたサイトを社団に用意しました。
⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント