国内で唯一の飲食店店主のキャラ

私の支援先の紹介。
今回は神奈川県の逗子市にあるラ・ベルデ。
イタリアンです。

店主の座間さんは、メディアでもちょくちょく登場するので
御存知の方も多いはず↓(漁の取材を受けている店主)
久保正英.jpg

先日支援の前に せっかくなので食べたランチはこちら↓
しらすパスタ ランチセット1300円
o1080081014773409788.jpg

o1080081014773409790.jpg

o1080081014773409791.jpg

o1080081014773409793.jpg

o1080081014773409794.jpg

例えば、このしらすパスタセットでは、自らが栽培、水揚げ、1次加工に関わっていない食材は、チョコレート、パインくらいのみ。
(とは言え、パインは西表島から、農家仲間からの調達。)

さて、この しらすパスタセット
私の見立てでは、1600円以上の値付けは必要な内容。
別の支援先のイタリアンだと、2000円以上は付けないと赤字。

ですが1300円で、ボリュームも大満足な提供。

これがなぜ可能かといいますと、この店主、実は農家でもあり、漁師でもあるのです。

農家で飲食店、
漁師で飲食店、
このパターンは世に多いのですが、

漁師であり、農家であり、・・といった店主は、
私が知る限り、この御店だけかもしれません。

なぜ、そのようなスタイルになったのかを店主の座間さんに聞くと、
納得いく食材が調達できないから、自分で何とかしようと思ったのが切っ掛けだとか。

ですから、早朝から漁に出て、仕込みを信頼できるスタッフに任せ、昼前に厨房入り。
ランチが終わり、直ぐに畑に行き、夕方17時に厨房入り。。笑
タフすぎる・・!

料理の腕も、実際食べていただければ理解できるとおり、大満足。
それもそのはず、本場ナポリで7年間修業してきた方ですから。

そのご縁で、パスタやオイル等は、すべてナポリ時代の仕入先から現地調達なのです。

いかがですかー?
気になるでしょう・・。
必ず予約を入れて、お出掛けくださいね。

さて、このような優秀な御店が、どうして私などの支援が必要なのか??疑問に思うところでしょう??
それも そのはず。

恥ずかしさを隠しながら、簡単にご説明すると・・
そこが私の魅力なのでしょうかね・・??笑
なーんてね・・。

私の方こそ、種々、学ばせていただいていますよ。。♪


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
アフターコロナに役立つ種々の情報をまとめたサイトを社団に用意しました。
⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント