飲食店立地は住宅地区が1番有利の可能性

平成 29 年度生活衛生関係営業経営実態調査(厚生労働省)
これに今回は注目してみます。

この中で例えば、
うどん店、蕎麦店の実態と経営上の問題点・課題が整理されている部分を見ていきます。

何か特定のメニューや業態を選んで、
この記事のタイトルを展開した方がわかりやすいですしね・・

私が個人的に着眼しているのは(図 8)
久保正英 飲食店平均客数.jpg
立地条件別の施設当たり 1 日平均客数。

総数1 日平均来店客数は 53.6 人。
1 日平均客数が最も多い立地は、「その他」の地域を除くと、
「工場・オフィス街」で 73.5 人、次いで「郊外」で 64.5 人となっています。

それから(図 10)
久保正英 飲食店平均客単価.jpg
立地条件別 施設当たり客 1 人平均食事単価。

総数でみると 956.7 円、
立地条件別にみると、「郊外」が最も高い 1,021.9 円、
次いで「商業地区」が958.4 円となっています。
一方、最も低いのは「工場・オフィス街」で 839.0 円となっています。


コロナウイルス感染症拡大前の2次データであることに留意してくださいね。

それでも どうでしょう?
コロナ禍において、1番苦戦した立地は、工場・オフィス街、次いで商業地区でしょう。

また、コロナ禍においてテイクアウトの売上の恩恵を1番受けた立地は 住宅地区になるでしょうね。
(種々の2次データより)
やはり、お住まいから近い御店から テイクアウトするのが主でしたからね。

工場・オフィス街のテイクアウトは、ランチでしょうが、
住宅地区は、ランチ、ディナーと2度チャンスありましたしね・・
商業地区は、外出自粛の影響が甚大で、完敗な様相。

さて、ここで考えたいのは「売上=客数×客単価」の視点です。
全ては説明しませんが・・

例えば
商業地区=61.2人×958.4円=58,654円
住宅地区=42.8人×942.3円=40,330円
工場・オフィス街=73.5人×839.0円=61,666円

この数字を解釈すると・・
工場・オフィス街については、昼を中心とした低価格攻勢
・・つまり安かろう相応が求められてそう

商業地区や住宅地区の場合は、客単価大差ないとすれば・・
商業地区は店頭の「通行客多少」が売上に影響
住宅地区は設定した商圏(立地商圏)の「住民数」が大きく影響
(いろんな考えありますが結局、住宅地は、商業地区客や工場・オフィス客来ないですからね・・笑)

このように解釈すると・・
1番リスクが少なそうな立地は 住宅地区?・・と考察することもできそうです・・

何よりも変動費であり固定費の賃料が、種々の2次データで比較してみると・・
住宅地区は群を抜いて安い・・!
(賃料が1番安いエリアは住宅地区ですし・・)

住宅地区は売上が数万円他の地区より低い
しかしながら、賃料が安い。

つまり・・
損益分岐点も低いので、儲けやすい!

住居地が近いので、パートやアルバイトも、場合によっては調達しやすい・・

コロナ禍で、1番打撃を受けたのは商業地区、工場・オフィス街、
テイクアウトで一矢報いることが出来ていたのは 住宅地区(種々の2次データより)

このあたりも 後押ししそうです。


PS, 支援先の皆さん
コロナ 憎し・・
ポジティブにがんばって いきましょー!


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
アフターコロナに役立つ種々の情報をまとめたサイトを社団に用意しました。
⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で大手(上場含む)63社に実施。
個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協、岩下食品、ベイシアカインズグループ等の支援実績を公表している。

≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)
2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)

≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント