万年2番手湖池屋を地域飲食店で試す

今回紹介する支援先は湖池屋です♪
そもそも私が最後に務めた食品メーカーで、
その当時にお世話になった先輩から、オーダーをいただいたことが切っ掛けでした。
同社と言えばポテトチップ のり塩
久保正英.jpg
(出所:⇒こちらクリック)

私も営業時代の最後には、ベイシア、イオン等々で、帳合に嫌われながら、沢山売ったものです。
当時はタブーの卸の中抜きを推進し、問屋の倉入れリベート約10%ほどを、末端小売店と湖池屋で分け合って
収益性を改善したものでした。

さて近年では、湖池屋プライドポテトが話題になり・・
久保正英2.jpg
(出所:⇒こちらクリック)

当方も湖池屋をよく知る・・(そりゃそうだけど。。笑)経営コンサルタントとして、
このプライドポテトの取組み等の面白さを 記事でコメントしたものでした。
IMG_0417.jpg


ここの支援に関わる中で、私が、共感することは、何よりチャレンジ精神です。
リーダー、チャレンジャー、フォロワー・・ってな戦略の話がありますが、まさにチャレンジャーの舵取りです。
最大手は御存知のカルビーであり、1度湖池屋が王座の場を明け渡してから、同社は万年2番手。


ですが、だからこその「潔さ」が「たまらなく」好きなのですー♪
ただ、このチャレンジが「同社」の面白いところです。

同社は社是に「トータルマーケティングカンパニー」と掲げていたくらい

マーケティングリサーチは秀逸です。

何より2番手ですので、リーダーの動きを注視できます。

リーダーがうまく事が運んでいることを しっかり俯瞰し分析し、その本質を見抜きます。

本質がわかったら、それを商品化や販売促進活動に超アレンジして 実践に移します。

同社の社是には「独自のブランド戦略の下にロングセラー商品を育成していく・・」とあるのですが、
キャラクターを上手に使う等、スコーン、ドンタコス等々、全ての商品が秀逸で、どれもロングセラーに育ってます。


さて、大手ではありますが、万年2番手の同社の取組で、
個人・小規模な飲食店や食品製造業は、見習うべきことが多々あります。

それは、リーダーの動きを俯瞰し分析し、本質を見抜くことです。

そして見抜いたら、それをアレンジしてオリジナルにするか・・
あるいは、それとは逆の方向でオリジナルにするか・・

いずれかです!

どういったことか?なのですが。
例えば、当方の支援先の事例を紹介しましょう。

支援先(顧問先)の老舗の喫茶店なのですが、約300m先に競合のカフェがありました。
とにかく、めちゃくちゃ流行っています。
違うと言えば違うのですが、そのカフェが後から出店してきたものの、
それまで少ないですが立ち寄っていた奥様方や女性の御客様が、来なくなりました・・(-_-;)

そこで・・
この喫茶店では、流行っている「そのカフェ」の仕様や客層等を、約8ケ月いっしょにウオッチし、
全て表に整理してみたのです。

その上で御店の仕様を、
そのカフェが未実施の項目を挙げ、出来ることから順に実現することにしたのです。
もう4年かけ、ここまで大なり小なり200は超える項目を、新たに始めたので、
全て紹介は出来ませんが、例えば下記のようなことです。

(すべて、その流行っているカフェでは未実施のこと)
・Wi-Fiを導入しフリーで使えるように(そのカフェでは未だに未実施)

・喫煙できるエリアを設けた(そのカフェでは禁煙)

・男性客向けメニューに変えた(そのカフェは女性向けメニュー)

・置いている雑誌を男性向けに全て変えた(そのカフェは女性向けの雑誌だらけ)

・充電できるようにした(そのカフェは言えばできるようだが、オープンでは無い)

・物販をやめた(そのカフェは焼菓子等を物販をしている)

・パスタをやめた(そのカフェはパスタランチが人気なので・・)

実は、某商工会の専門家派遣で2年前に、その流行っているカフェ補助金申請の助言業務があり
売上等の決算情報を見ることがあったのですが・・

おー!!!!!!!
余裕でこちらが勝っているじゃないですか!!!

うれしかったのを覚えていますが、
実は顧問先の喫茶店には、一切話していません・・

気が緩むと嫌なので・・笑

さて、コロナ禍で、あちらのカフェはテイクアウトを実施しています。

こちらは戦略的に テイクアウトは未実施です。

その代わり、時短営業可能な地域ですので
過日、記事にした中華料理店のように、寝床を共にする世帯や親族同士での予約で時間貸しで、切り盛りしています。

ここから、勝負だなーと

昨日も店主と話していたところです・・笑

PS,コロナ憎し・・

 支援先のみなさん・・

 マイナス思考をやめて、ポジティブ志向でがんばっていきましょうよー


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
飲食店キッチンカー導入に使える補助金(⇒こちらクリック
電気代・ガス代支払い厳しい場合の対処法(⇒こちらクリック
空調設備等の導入や更新に使える補助金(⇒こちらクリック
テイクアウト等無料チラシツールと集客5要素(⇒こちらクリック
コロナ終息Xデーに向けたweb集客作について(⇒こちらクリック
期限付酒類販売の手続きの仕方(⇒こちらクリック
コロナ影響下の経営状況調査報告書より未来経営改善を推察(⇒こちらクリック
飲食店のコロナウィルス感染症対策に(来店者の素性と健康確認を)
→入店確認アンケート(ワード:ダウンロード→クリック
緊急事態宣言後の飲食店運営の留意点(⇒こちらクリック
飲食店のweb飲み会開催の仕方(⇒こちら
飲食店のコロナウィルス経営影響時の逆手対策と準備(⇒焼肉屋)(⇒カフェ・喫茶店)(⇒その他
外出自粛や規制要請下の消費者行動でコロナ終息後の顧客層別販路開拓の取組みを起案(⇒1回目)(⇒2回目
休業補償や協力金支給下での時短や休業方針の決め方(⇒売上83,333円以上なら時短を

==久保正英プロフィール==
≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で63社に実施。個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協等の支援実績を公表している。
≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)
2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)
≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント