脱6次産業の方が農業者は儲かる理由

農家は6次産業は「後回し」に考えるべきだと思います。

例えば イチゴ農家がイチゴジャムを製造する場合で考えてみましょう。
理由は種々あるのですが、
コスト面でも説明できます。

まずは下図をしっかり眺めてみてください。
6次産業図示(久保正英).jpg

1番左は、イチゴ農家がイチゴを栽培し販売するまでの主なコスト図です。
その右隣りは、イチゴ農家がイチゴを栽培した後、加工品を製造し販売するまでのコスト図です。

商慣行的に、生のイチゴであれ、加工品のイチゴジャムであれ、せいぜい最大の利益率は30%も取れれば良いところでしょう。
つまり、
→生のイチゴを栽培し利幅30%
→イチゴジャムを製造しても利幅30%

そう、労力と手間と時間だけが掛かるのが6次産業です。
変わるのは、額ということにはなりますが。
自動車や戸建て住宅、家電では無く、食料品ですので。
そのあたりの留意は必要です。

ですから、
同じ利益率30%を確保するにしても、
一般的な農作物の場合は、生で出来たものから順に出荷する方が1番儲かるのです。

これは 当方の支援先でも実証済みですし、
我がシンプルべジにおいても 実証、実感するところです。

また、右の大手製造事業者の場合を見てみましょう。
どこか大手のジャム製造会社をイメージしてくださいね(笑)

農家や市場より 
イチゴを安く買い付けますので、農家にあたるところの「生のイチゴの栽培販売」までのコストと比べると
大きく水をあけられます。

さらに、量産で製造時の種々のコストが低減可能ですから、
これまた、
農家の加工コストに、大きく差をつけることになります。

いやいや、
うちのイチゴは 例えば無農薬だから・・
その辺の、大手のイチゴジャムより値段か高くなっても、大丈夫・・。

このようなことを耳にする機会が多いですが、果たしてそうでしょうか?

よくマーケットを調べてみてください。
無農薬の大手が製造するジャムは 今時、いくらでも存在します。

以上、
なんだか、ダラダラと書きましたが、
6次産業という言葉に踊らされないでください。

まずは
農作物をそのまま 販売できるよう・・
栽培方法を工夫したり、
チャネルを工夫したり、

そちらの方が、手間もかからず、同じ利幅が得られることを忘れないでいただきたいのです。

よっぽど栽培しすぎて、余剰やロスが出そう・・
そうであるならば、スポットで外注で良い
でしょうし。

農家は農作物の栽培の専門性で勝負すべきです。
加工は加工で、得意な小規模事業者がいくらでも居ます。
頼んじゃいましょう。

なお、農作物そのものを商品開発することも 単価アップにはおすすめです。

そのあたりの「農作物の商品開発の仕方」について、近日、書いてみたいと思います♪

PS,コロナ憎し・・
  がんばっていきましょうー!


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
飲食店キッチンカー導入に使える補助金(⇒こちらクリック
電気代・ガス代支払い厳しい場合の対処法(⇒こちらクリック
空調設備等の導入や更新に使える補助金(⇒こちらクリック
テイクアウト等無料チラシツールと集客5要素(⇒こちらクリック
コロナ終息Xデーに向けたweb集客作について(⇒こちらクリック
期限付酒類販売の手続きの仕方(⇒こちらクリック
コロナ影響下の経営状況調査報告書より未来経営改善を推察(⇒こちらクリック
飲食店のコロナウィルス感染症対策に(来店者の素性と健康確認を)
→入店確認アンケート(ワード:ダウンロード→クリック
緊急事態宣言後の飲食店運営の留意点(⇒こちらクリック
飲食店のweb飲み会開催の仕方(⇒こちら
飲食店のコロナウィルス経営影響時の逆手対策と準備(⇒焼肉屋)(⇒カフェ・喫茶店)(⇒その他
外出自粛や規制要請下の消費者行動でコロナ終息後の顧客層別販路開拓の取組みを起案(⇒1回目)(⇒2回目
休業補償や協力金支給下での時短や休業方針の決め方(⇒売上83,333円以上なら時短を

==久保正英プロフィール==
≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で63社に実施。個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協等の支援実績を公表している。
≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)
2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)
≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント