外出自粛消費者行動で見込客向け販促策を立案

昨日のつづきになります。
昨日の記事はこちら(⇒クリック

さて分類した顧客層(将来の見込客層)毎に
反応が良かった取組みを紹介してみますね。
外出自粛要請下で、反応の良かった取組みを基に、
コロナの一連の影響が収まった際の「販路開拓」の取組みに活かしていきたいものです。

・不安素直な層
 ある意味「情報やトレンド」に「ある程度敏感」なため、不安になりやすい側面をもっています。この層に対しては、正確で出所が確実で誠実な情報提供を中心としたプロモーションが「信頼」を得ます。

 たとえば社団の記事を引用しますが、焼肉屋の場合、このような(⇒クリック)情報であれば、お肉も食べましょう!的なPRも、反応が良いのではないか?と実施してもらったところ、精肉の外販が「ここ2日」伸びてます。
久保正英.jpg
(↑事務作業の合間に料理した「豚丼」です(笑))

・服従意識層
 この層の方々には、「慰労」や「共感してあげる」というコミュニケーションが有効でした。いわゆる量飲食店より、個人や小規模なお店の方が有利でしょう。話をしっかりと聞いてあげれそうですから。
 例えば、パウンドケーキを売りにするカフェで、お誕生日の御客様に1人1人、お祝いと慰労のメッセージをDMしたところ、ここ2週間、約9割超が来店でテイクアウトで購入されていきます。
 つまり、事前に生活スタイル等の情報を獲得しておいて、慰労するような販促が効果が高いです。
 新規を狙った場合ですと、店頭でのコミュニケーションボード活用による「慰労」や「共感」を誘発するメッセージとメニュー提案が反応良かったです。

・楽観意識層
 この層の方々は、「楽しそう!」と思わせる店頭表現、メニュー内容やメニュー名、店内イベントの実施が効果大でした。正式な自粛要請が出た後は、コロナ終息後の「予約 早割りキャンペーン」の予約が尋常なく良いです。
 この層は、不安も影に抱える層ですので、複数で行動する方が多いからでしょう。ですから、宴会客向けメニュー提案を強化していきたいところです。

・生活必需品層
 この層には、品質が良い、値ごろ感等が最大のPRポイントでした。けっして安かろう悪かろうはダメです。当然ですが・・。
 誠実でまじめな側面がありますので、なぜ高いのか?が説明できれば、ちゃんと購買、来店してくれます。お店のコダワリを明確に整理し、しっかりと伝わる言葉を選んでPRすると反応が良いのでは?と思い、テイクアウトのチーズケーキをSNSで投稿したところ、近所の方がスーパーやコンビニへの食料品の買い物のついでに「立ち寄って」くれているのです。

・息抜き意識層
 飽きや、息抜き的に利用する層でした。コロナ影響が無いときでも、「たまには外食しよう・・!」といった行動が当てはまる層です。ですから「とにかく事前期待を誘発する 少々大げさなPR」が必要です。ただ気を付けたいのは、事前期待を上回るメニューやサービスで受け入れないといけないことです。
 実際、巣ごもりの方々を対象に、某中華料理屋で、1回2時間1組限定での受け入れ訴求をチラシで用意し、近所にポスティングしてもらったところ、昨日まで全時間埋めることができたのです。

・家族的愛情層
 この層は、単純な所感です。外出自粛する御子様をターゲットに、テイクアウトPRをしたところ、ある程度の反応を得られています。明暗は、ちゃんと「子供を意識したメニューか否か」だけでした。日常のメニューを単に「お子様に!」といったところで、予想通り反応は無いものです。口を酸っぱくして支援先に行ったにも関わらず・・残念でした。


いかがでしたか?
大切なことは、どのような層の御客様が御店に来てほしいか?
どのような層なら、自分事としてイメージできるか?
その層を明確にイメージして 策を練るに練るに練るに・・練ることです。


そう、寝る(笑)ことも 大事ですよー
支援先で寝れない方もいます。
私も可能な限りサポートします。

がんばっていきましょうー!!!!!!

今回のキーワード:飲食店,コロナウィルス対策,web会議,web飲み会,飲食店経営,記号消費,口コミ,リピート率,新規客,固定客,集客,物販,飲食店,食品物販,マーケティング,販売促進,商品開発,メニュー開発,食品,広告宣伝,チラシ作成,販路開拓,販促


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
飲食店のコロナウィルス感染症対策に(来店者の素性と健康確認を)
→入店確認アンケート(ワード:ダウンロード→クリック
緊急事態宣言後の飲食店運営の留意点(⇒こちらクリック
飲食店のweb飲み会開催の仕方(⇒こちら
飲食店のコロナウィルス経営影響時の逆手対策と準備(⇒焼肉屋)(⇒カフェ・喫茶店)(⇒その他

==久保正英プロフィール==
≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で63社に実施。個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協等の支援実績を公表している。
≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)
2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)
≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント