飲食店等web飲み会開催の仕方

コロナウイルスの影響は長引きます。

そこで、この機会に新たな取組を準備したり、初めてみようという主旨の記事になります。

下段の「==特記おしらせ==」では、種々のアイデアも紹介していますのでぜひ活用してみてください。


さて、今回の提案は飲食店等の方々は web飲み会事業を始めてみてはどうでしょう?という話です。
まじめな仕事で珈琲などを飲みながらweb会議に参加するシチュエーション
あるいは 喫茶併設の会議室やホテル等の会議室をリアルに利用する場合に、茶菓子や昼食を用意してもらう・・
これをwebに置き換えるというものです。

ステップ① 事前準備

手順としては、飲食店の店主がZOOM等のweb会議ツールを正式に申し込みし、その上でホストとなります。
懇親会や種々の飲み会等の幹事を御店に招くなどして、このホストの機能を使っていただきます。
(あるいは、幹事がホストになり、飲食店にデリバリーをお願いするなど)


ステップ② 価格や飲食メニューの決定

事前に飲食代込みの価格設定を「会費」として決めておきます。
飲食店は会費内で提供できるメニュー等を決めておいて 幹事と打合せします。
魅力的な料理や希少食材等なら 参加率にも貢献するものです。


ステップ③ 懇親会や飲み会の参加者を募る

事前に定められた日時を設定し、飲み会に参加する方を幹事が電話やメール、ライン等のSNSメッセージ機能で募ります。
その際、メールアドレスと飲食のデリバリー先の住所等を収集します。


ステップ④ 懇親会や飲み会の招待の実施

幹事は、②で集めたメールアドレスを使い、飲食店のホスト機能等を使い、参加者に招待URLを送ります。
(無論、ご自身のアカウントでもかまいません)


ステップ⑤ デリバリーの実施

飲食店はデリバリーを参加者の個宅に行います。無論、会費もそこで徴収します。
(参加者に 事前振り込み等の種々決済提供でも可)
飲食店は、近隣の場合は自店のみで良いし、遠方の場合は、協力飲食店に声をかけておき、その会の始まる時間までに
飲食をデリバリー出来るようにします。


ステップ⑥ 懇親会や飲み会の開始

参加者は懇親会や飲み会の時間になったら、URLをクリックし、web会議の場に参加します。
(参加者には ZOOMの場合、このような画像の案内メールが届きます)
ZOOM招待時メール案内画像久保正英.jpg


ステップ⑦ 懇親会や飲み会実施中

webを通じて、参加者と動画で繋がり、思う存分 会話を楽しんで、飲み食いしましょう!
飲食店の店主のホストから招待を送っている場合は、飲食店オーナーも参加できますので、参加すると良いでしょう。
お客様の嗜好や考えなどを収集することができ、今後の商品やメニュー開発、接客サービスのヒントを得ることができます。


ステップ⑧ お会計

飲み会終了後は、主催した幹事と会費の店の取り分等々を・・


ざっと 流れを書いてみました。
web会議というのは、私も 意外と避けていた分野なのですが、実施してみると「超 簡単」です。
ぜひ、この機会にビジネスに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ZOOM等の使い方や申し込みは、web検索すれば、いくらでも わかりやすい記事が出てきます。
参考にしてくださいね。

また、このような仕組みを作るのに
通年募集の 小規模事業者持続化補助金なんかを活用しても良いですね。

さて、次はどのようなアイデアを紹介しよう・・
私も楽しみですー。

*上記で紹介したwebサービス等の利用規約を読み、違反等が無いか、ご自身で判断し、サービスを利用しましょう!

今回のキーワード:飲食店,コロナウィルス対策,web会議,web飲み会,飲食店経営,記号消費,口コミ,リピート率,新規客,固定客,集客,物販,飲食店,食品物販,マーケティング,販売促進,商品開発,メニュー開発,食品,広告宣伝,チラシ作成,販路開拓,販促


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

==特記==
飲食店のコロナウィルス感染症対策に(来店者の素性と健康確認を)
→入店確認アンケート(ワード:ダウンロード→クリック
緊急事態宣言後の飲食店運営の留意点(⇒こちらクリック

==久保正英プロフィール==
≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で63社に実施。個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協等の支援実績を公表している。
≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)
2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)
≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS) - 久保 正英

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英
飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康 - 久保 正英

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント