ブランドを価格に反映する方法(販売生産性の場合)

ブランドという何だか空想めいた(笑)言葉で、このお店はブランドがあるから少々値付けが高くても大丈夫♪ってな、指導をする先生方がいらっしゃいますが、その値付けの思考は、はなはだ適当・・(-_-;)

では、どのような方法があるか?
それを5パターンくらい順次、御案内しますね。

では今回の本題に・・
飲食店の方で物販を考えられている方
農家の方で自らの加工品を販売していきたいと考えられている方
そのような方々に今回は「ブランド」を意識した値付けの話をしたいと思います。

販売生産性という指標を使います。

この言葉ご存知ですよねー

念のため、例えば、これは、売場1平方メートルあたりの販売高を指しています。
すなわち、この数値が高まるほど売場の稼ぐ力が大きくなる。
そのような解釈で問題ありません。

飲食店であれ、食品スーパーであれ
この指標は様々な場面で活用できますので、
ぜひ、自店の値を計算しておくことをおススメします♪
(農家さんの場合は、耕作面積を売場面積としてもらえれば理解できると思います。)

さて、例えば、私の支援先のレストラン(昔ながらの洋食屋)の事例を紹介したいと思います。
このお店、都内からも近いとあって、観光客、更には地域住民の取り込みに成功し
ここ1年、ようやく(-_-;) 大繁盛しています♪
売場面積は34㎡で、ここ1年の売上は月商で約320万円で推移していますので、
販売生産性は320万円÷34㎡=94,117(円/㎡)ということになります。

さて、このお店、私の支援で、店内での物販をスタートしています。
その中で、1番の売行きは、デミグラスソース等のソース類です。
無題.jpg

このデミグラスソース
仮に、底辺が5㎝×5㎝の四角の瓶に詰めて、販売したとしましょう♪
そして、その価格をどのようにつけるのか!
それを読者の皆様に考えて欲しいのですー

私の過去の記事でも、様々な値付けの方法をご案内しましたので、そちらの視点でも構わないのですが、
せっかくですので、販売生産性を使って考えてほしいのです。
考え方は以下です。
1、この販売しようとしているデミグラスソースの瓶の底辺は5㎝×5㎝ですので、底面積は25㎠になります。

2、このお店の販売生産性は94,117(円/㎡)なので、1㎡あたり94,117円の稼ぐ力があります。

さて、この記事のポイントは次です
3、このお店は1㎡あたり94,117円の売上を稼ぐに値する「価値」があるお店であると、お客様が(結果的に・・)認識している と解釈しましょう。

4、では、販売しようとしているデミグラスソースの底面積は25㎠ですので、25㎠あたりの販売生産性を求めると、23,529(円/㎡)

5、つまり、このデミグラスソース(^^25㎠の売場を使って販売する以上、月あたり23,529円を稼いでもらわなければならない商品であることがわかります

言い換えますと、月あたり23,529円の価値がある商品だと言えますね♪


ブランドという何だか空想めいた(笑)言葉で、このお店はブランドがあるから少々値付けが高くても大丈夫♪ってな、指導をする先生方がいらっしゃいますが、その値付けの思考は、はなはだ適当・・(-_-;)

今回ご紹介したような販売生産性を使用すれば、売る力=価値 と捉えることも可能ですので、ブランドを表現する価格設定にもつながるというもの(^^

さて・・大事なことを書いていません。。
デミグラスソース1瓶 容量はいくらにすればよいのか・。

で、かつ、1瓶23,529円ってな価格を付けて売れるとも思えません。
そのように思われた方
正解です。

どうやって価格や販売量を決めるか、このことを次は検討していかなければなりません。
例えば、月に10瓶販売するとすれば、2500円の値付けをしておけば、23,529円をクリアーできます。

ですから、2500円で利益が出ているかを確認すれば良いのですね。

コスト(原価)の計算方法は、過日のブログをとりあえず、参考にしておいてください(⇒Wクリック)

さて内容量(容量)の方です。
これは、ここで設定した価格と、それから以前の記事の原価、そして獲得したい粗利を意識し、計上できる食材原価と睨みあう(笑)しか無いかな・・です(-_-;)。

キーワード:価格設定,ブランド,販売促進,商品開発,メニュー開発,食品,メニュー,飲食店


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック

著書についてはこちらへ(1冊目クリック)(2冊目クリック

もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら

この記事へのコメント