認知度と売上との関係性活かした販路開拓の進め方

飲食店や食品加工業の事業者の商品
この認知度と売上をグラフ化すると概ね、以下のグラフになることが知られています。
久保正英.jpg

多くの飲食店や食品加工業の商品で、関係性をグラフにすると、概ね、このような結果になるものです。

さて、この結果、単なる偶然(相関関係)なのでしょうか?
それとも、事実(因果関係)なのでしょうか。

相関関係であれば、ただ単に、売上が向上する局面の事業者においては、認知度が高い事業者が多い
・・です。
事実であれば、認知度が高まると、売上が向上する局面になるものだ・・との因果関係が成り立ちます。

結論から言いますと、認知度と売上の関係には、因果関係はありません。

例えば、このようなことがあります。

地域で古くからある洋食屋さん、地域の人は誰でも知っている・・存在
・・にも関わらず、閑古鳥が鳴いている・・ってなこと。

つまり、認知度が高いからと言って、認知度が高まったからといって、売上が上がるという保証が無いのです。

販路開拓の取組においては、この視点が非常に重要です。

新聞折り込みで、地域全世帯にフライヤーを掘りこんで、認知度をあげても、売上につながらない、来店促進につながらない
これは、当たり前にある光景です。

ですから、販路開拓の取組は、そんな単純なものでは無いと自戒しなければなりません。

それでは、どのような視点が必要なのか・・
それは、この売上と認知度の両方に影響を与える「要素」を検討し、探し出す事です。
その上で、その要素がわかったならば、その要素を踏まえた販促策が、有効(認知度向上が売上につながるという事象になる)になります。

実際の話で紹介します。

茅ヶ崎のサザン通りにある洋菓子屋さん、認知度と売上の両方に影響を与える要素を、サザンオールスターズのファンだと設定しました。
そこで、サザンオールスターズのファン向けに、サザンサブレという商品を開発し、販売しています。
また、桑田佳祐さんに、商品を届けることに成功し、本人やマネージャー等々から、御礼のお手紙をいただくことに成功しています。

結果、サザンオールスターズのファンに認知度を高める事、さらには、サザンオールスターズのファンが購入すること、両方に影響を与えることが叶ったのです。

このように、原因(認知度が高まる)と結果(売上向上)の両方に与える要因を、交絡因子と呼び、相関関係がある!といった事象の背景には必ず存在するものです。
これを攻略したとき、はじめて、上図グラフのような、結果が得られるということは忘れてはならないのです。

======
今回のキーワード:マーケティング,販売促進,商品開発,集客,食品,広告宣伝,久保正英,中小企業診断士,販路開拓


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

==久保正英プロフィール==
≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫
加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案と実行支援(商品・販路等)を直近5年で63社に実施。個人や小規模事業者の支援は専門家派遣事業も含めて直近5年では350社(当事務所スタッフ含む)にのぼる。
応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、カネタツーワン、ユニバース、ヤマザワ、平和堂、天満屋ストア、サミット、日生協等の支援実績を公表している。
≪主な委員歴≫
『農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』
『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』
『小規模事業者支援人材育成支援事業」に係る平成30年度 事業推進委員会(全国商工会連合会・中小企業庁)』
≪主な受賞歴≫
2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)
→中小企業診断士 久保正英の中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒クリック
2013年 中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)
2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)
≪主な著書≫
「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ(同文館出版)
飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)
著書についてはこちらへ(1冊目クリック)(2冊目クリック

≪ご案内≫
もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら